歴史の古いワインという飲み物は非常に奥深く、知れば知るほど魅了されてしまいます。このような魅力的なワインを、さらに楽しめるような情報と、ワインの良質な知識を身に着けたい方におすすめの資格と、それを効率的に学べる講座について徹底解説!初心者脱却!ワインのスキルアップにピッタリな

ワイン資格おすすめまとめサイトイメージ
MENU

ワインコンシェルジュ資格

ワインコンシェルジュ資格

ワインと言えば世界中で愛されている果実酒です。

ワインは歴史も文化も生産地も消費地も幅広い、まさに世界の飲み物と言えます。

だからこそ、ワインの知識が深く、そのたしなみ方もプロである人は、一目置かれることがあります。

ワインに関連するオススメ資格をご紹介します。

「ワインコンシェルジュ資格」

ご紹介するのは日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「ワンコンシェルジュ資格」です。

この資格は、ワインの素材たるブドウの品種ごとにどんな特徴があるか、世界各国でのワイン事情はどんな感じかなど、ワインに関する基本的な情報をマスターしている人に与えられる資格です。

ワインは値段がピンキリですが、素材からしっかり理解することで、その楽しみ方をさらに奥深くする事ができます。格付けやワイン法、ワインと料理の関係、ワインの産地など幅広くノウハウを有している人にこの資格は認定されるので、種類関係の仕事や外食産業など幅広く資格を活かす場があります。

また自宅やカルチャースクールなどで、ワインを趣味でたしなむ人を集め、講師活動をすることも可能となるでしょう。

ワインコンシェルジュ資格試験の概要

この試験は在宅受験で誰でも試験に臨む事ができます。特に受験資格は必要ないので、自分のワインスキルを第三者的に証明するものとして、ぜひチャレンジしたいところです。

ちなみに申込は、インターネットから行うことが可能で、70%以上の評価で無事取得となります。受験料は10,000円です。試験は約2カ月の間隔で行われるため、挑戦する機会が多く、開かれています。

ちなみに試験対策としては自力学習で試験にチャレンジすることもできますが、通信講座を受講することでより確実性を上げることも可能です。対応する講座を一つご紹介します。

資格取得対応講座

ご紹介するのはSARAスクールジャパンの「ソムリエ基本コース/プラチナコース」です。

この講座は主に女性向けの扱いになっていますが、男性でも受講可能です。学習期間は最短2カ月なので、モチベーションを保ちやすく時間がない人にもオススメです。1日30分くらいの学習時間でも半年ほどで取得できるため、無理なく進められます。

教材は初心者にも対応していて、プロの指導者による個別質問にも対応していることもあり、つまずくこと無く資格取得が可能です。公式サイトに、費用など詳しい情報がのせられているので、チェックしてみると良いでしょう。

まとめ

ワインを愛する人は世界中にいるので、ワインのノウハウは世界中の人たちとグローバルな会話をするうえで役立ちます

また飲食関連の仕事に携わる人にとっても役立つ内容となっています。通信講座も活用し、資格を取得することで、ワインへの造詣をさらに深めてみましょう

ワインコンシェルジュ資格


  • TOP