歴史の古いワインという飲み物は非常に奥深く、知れば知るほど魅了されてしまいます。このような魅力的なワインを、さらに楽しめるような情報と、ワインの良質な知識を身に着けたい方におすすめの資格と、それを効率的に学べる講座について徹底解説!初心者脱却!ワインのスキルアップにピッタリな

ワイン資格おすすめまとめサイトイメージ
MENU

資格取得にかかる費用と支払い方法

資格取得にかかる費用と支払い方法

ワイン資格の一つに、日本インストラクター協会主催の「ソムリエインストラクター」資格があります。

この資格はワインの分類や歴史、ブドウの栽培や品種、格付けやワイン法、世界のワインなど、様々な分野のワイン知識を習得した人に認定される資格です。

この資格の取得にかかる費用や支払い方法をお伝えします。

取得にかかる費用

ワイン資格取得にかかる費用は意外に安価です。先述のソムリエインストラクターであれば消費税込で10,000円で済むようになっています。申込はインターネットから行うことができます。独学で試験に臨んで合格した場合、これだけしかかかりません。

ただやはり、自力で学習を体系的に勧めていくのは、少し難しいものがあります。それより、対応する通信講座などを活用した方が、ずっとスムーズになります。それでは、資格に直接対応する通信講座をご紹介します。

対応する通信講座

対応する講座の一つは諒設計アーキテクトラーニングの「ワインコンシェルジュW資格講座」です。この講座は通常講座とスペシャル講座に分かれていて、受講料は通常講座が59,800円で、スペシャル講座は79,800円です。

通常講座の場合は、学習と添削を経て最終的に日本インストラクター協会の試験に合格すると取得となります。しかしスペシャル講座の場合は試験が免除になります。卒業課題の提出によって試験の代わりとなるので、より確実に取得が可能となっています。

ちなみに、本講座を受講すると試験の受験料が10%OFFになります。ソムリエインストラクターの受験料が10,000円なので9,000円になるため、受験を受ける場合もお得です。

また、この講座はソムリエインストラクターに加えて、日本安全食料料理協会主催の「ワインコンシェルジュ」資格にも対応しています。

支払方法

こちらの講座の支払い方法ですが、4種類の方法があります。現金かクレジットカードかデビットカードを使った代金引換か、コンビニか郵便振替か銀行振込を使った後払い、通常のクレジットカード決済、そしてオリコの教育ローンがあります。

教育ローンを使う場合は、オリコによるクレジット契約の審査があります。審査結果がOKなら契約成立で手続き完了となります。諒設計の公式サイトからローンの支払いシミュレーションもできるので、利用したい場合は、試算してみると良いでしょう。

まとめ

ワイン資格にかかる費用は、独学か通信講座を使うかで費用が変わってきます。オススメはやはり、通信講座を使って体系的に勉強する方法です。

プロの手掛けたカリキュラムをベースに学ぶので、よりスムーズです。また、講座の種類によっては、カリキュラムをしっかりとこなすことで100%取得することも可能なので、まずは資料請求などをして内容を確認してみましょう。

ワインコンシェルジュW資格講座


  • TOP