歴史の古いワインという飲み物は非常に奥深く、知れば知るほど魅了されてしまいます。このような魅力的なワインを、さらに楽しめるような情報と、ワインの良質な知識を身に着けたい方におすすめの資格と、それを効率的に学べる講座について徹底解説!初心者脱却!ワインのスキルアップにピッタリな

ワイン資格おすすめまとめサイトイメージ
MENU

資格のカリキュラムと学べること

資格のカリキュラムと学べること

ワインに関連した資格を取得するために、ワインについて勉強している人は多いですが、具体的にワインの資格講座ではどんなことを学べるでしょうか。

諒設計アーキテクトラーニングの「ワインコンシェルジュW資格講座」を例にしてカリキュラムを調べてみました。

諒設計アーキテクトラーニングの「ワインコンシェルジュW資格講座」の概要

この通信講座は、2つのワイン資格に対応した講座として設定されています。

その講座とは日本安全食料料理協会(JSFCA)の「ワインコンシェルジュ」資格と、日本インストラクター協会主催の「ソムリエインストラクター」資格です。どちらの資格も、受験条件が設定されていないので、誰でも気軽に挑戦しやすい資格です。

諒設計の講座では、これら2つの資格取得に向けて、約2カ月から6カ月の学習期間を経て知識を蓄えられます

カリキュラムの内容

本講座のカリキュラムの内容を簡単に概説します。まず講座ではワインの基本について学びます。ワインの分類や醸造の仕方、ブドウの起源やワインの起源、日本でのワイン文化などがその内容です。

次にブドウの栽培や品種についてです。栽培条件や適した気候や土壌、病気やウイルス、黒ブドウと白ブドウの品種など素材や環境について考えます。

その後ワインサーブについてです。冷やし方や適温、保存方法やグラスの形状や選び方などどうしたらワインを楽しめるかを見ます。

ワインは料理とよく一緒に提供されるので、料理とのマリアージュも考えます。どの料理にどのワインが合うのかが分かることで食卓はいっそう楽しい時間になります。講座ではワインの格付けやワイン法についても学習します。

格付けが分かる事で、高級ワインの特徴や管理について詳しくなり、ワインのチョイスの幅も広がってきます。最後に、世界のワイン産地について幅広く見識を深めます

資格講座の費用

こちらの講座ですが、2つの学習コースがあります。通常講座とスペシャル講座です。通常講座は59,800円で、スペシャル講座は79,800円の受講料がかかります。スペシャル講座の場合は先述の2つの資格を試験免除で取得可能です。

卒業課題の提出で試験の代わりとなるからです。通常講座は試験に合格して取得となります。詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

まとめ

資格講座の一例として諒設計アーキテクトラーニングの「ワインコンシェルジュW資格講座」をご紹介しましたが、カリキュラムでは、ワインに関連した知識を様々なアングルから学ぶべるようになっています。

テイスティングも大事ですが、知識から入ることで学習意欲がわいてくるので、機会を見つけて受講に挑戦してみましょう。

ワインコンシェルジュW資格講座


  • TOP