歴史の古いワインという飲み物は非常に奥深く、知れば知るほど魅了されてしまいます。このような魅力的なワインを、さらに楽しめるような情報と、ワインの良質な知識を身に着けたい方におすすめの資格と、それを効率的に学べる講座について徹底解説!初心者脱却!ワインのスキルアップにピッタリな

ワイン資格おすすめまとめサイトイメージ
MENU

資格の難易度と勉強方法

資格の難易度と勉強方法

ワインが大好きな人であればきっと、ワインの資格を取得して、そのノウハウやスキルを認定してもらいたいと思った事があるかもしれません。

どんな資格を取るのかで難易度は違いますが、誰でも挑戦しやすい資格を紹介して、その難易度や勉強方法をお伝えします。

ワイン資格の難易度

ワイン資格の中には、およそ平均で27%から38%くらいの合格率の試験があります。数字を見るとけっこうな難関である事が分かります。

ソムリエのプロとして認められるには、かなりの知識やスキルが求められるので、ある程度難易度は高いです。世界で活躍するほどのソムリエになるにはかなりの研鑽が必要という事です。

ただ、ワイン資格がみな同じように難しいわけではありません。比較的取得が容易な、ビギナー向けの資格もあります。ビギナー向けと言っても、ワイン知識が一定以上ある事を証明してくれるので、取得することにはしっかりと意味はあります

そのような資格の一つが、日本安全食料料理協会(JSFCA)の「ワインコンシェルジュ」です。

ワインコンシェルジュ資格の概要

ワインコンシェルジュ資格は、ワインの基本的な情報をマスターした人に与えられる資格です。ワインの歴史や格付けや法律といった知識から、ワインの産地や作り方や栽培など、ワインに関する専門的なことを一通り理解している人に認定されるものです。

この資格を持つことで、自宅やカルチャースクールで講師活動ができるレベルにあるということなので、酒類製造や販売業、飲食サービス業など色々な方面で資格を活かして活躍できます

資格試験の勉強方法

こちらの資格を取得するには、ワインに関連した幅広い知識をテーマにしっかりと学ぶ必要があります。そこで役立つのが通信講座です。

SARAスクールジャパンの「ソムリエ基本コース/プラチナコース」という講座がその対応講座の一つです。この講座は最短2カ月という早さで学習を一通り終えて試験に臨めるようにカリキュラムが組まれています

もちろん、もう少しゆっくり試験に挑戦しても大丈夫です。毎日30分ほど勉強することで、6カ月くらいで学習が終了します。講座内容で分からない事があった場合、プロのスタッフに個別質問が出来ることも大きな安心材料です。公式サイトにさらに詳しい情報があるのでチェックしてください。

まとめ

ワイン資格はいろいろあって、どの資格を選択するかで、難易度が大きく変わってきます。紹介した資格は比較的取得しやすいものです。

通信講座も対応しているものがあるので、うまく活用してスムーズに資格を取得しましょう。

ソムリエ基本コース/プラチナコース


  • TOP