歴史の古いワインという飲み物は非常に奥深く、知れば知るほど魅了されてしまいます。このような魅力的なワインを、さらに楽しめるような情報と、ワインの良質な知識を身に着けたい方におすすめの資格と、それを効率的に学べる講座について徹底解説!初心者脱却!ワインのスキルアップにピッタリな

ワイン資格おすすめまとめサイトイメージ
MENU

資格講座の受講期間について

資格講座の受講期間について

女子会や食事会などで提供されると、おしゃれな雰囲気なるのがワインです。

特に、その場の雰囲気や料理にあったワインが出てくると、一層オシャレになります。

ワインの資格を取る事で、ワインチョイスにさらに長けるようになりますが、資格取得に向けた勉強ツールや対策期間について説明します。

ワイン資格対応講座の紹介

ワイン資格はいろいろあるので、どのワイン資格を取るのかによって勉強する範囲なども変動しますが、ワインを幅広く学べる通信講座をひとつだけ紹介します。

それは諒設計アーキテクトラーニングの「ワインコンシェルジュW資格講座」です。この講座は、初心者にも完全に対応していながら、その道のプロが手掛けたカリキュラムが組まれています。一通りの学習をして、添削課題などをこなし、最終的に試験に合格することで資格取得にたどりつけます。

この講座では、質疑応答が無制限でできるため、講座内容で分からない事があった場合、すぐに専門スタッフに相談し、教えてもらう事が出来るため、疑問を残さずスムーズに学習が進められます

受講期間はどれくらい?

学習にあてる期間ですが、人によって1日に当てられる時間が違うでしょうから、差が出るてくるでしょう。早い人の場合、2カ月ほどで資格を取ることも可能です。あまり時間が取れない人であれば、1日30分くらいの短い時間でも学習を進めていけるようになっています。

その場合は、半年くらいかけて資格を取る事になります。通信講座なので、自分の都合に合わせて学習スピードを調整できるのもメリットです。

この講座が対応しているワイン資格は日本安全食料料理協会の「ワインコンシェルジュ」と日本インストラクター協会主催の「ソムリエインストラクター」ですが、どちらも頻繁に試験を行っているので、柔軟にスケジュール調整ができるでしょう。

受講の流れ

学習ステップについて簡単に説明します。まずはワインの分類や特徴や歴史など、ワインの基礎知識を学びます。その後栽培やブドウ品種について学びます。

そして美味しく飲むためのコツや保存方法、ワインと料理のマリアージュと進んでいき、格付けやワイン法、世界のワイン事情など知識を深めていきます。そして問題集や添削課題を経て試験対策を行います。

詳しい内容は公式サイトを確認してみてください。

まとめ

ワイン資格を取るための講座として、諒設計アーキテクトラーニングの「ワインコンシェルジュW資格講座」を紹介しました。

最初はワインにあまり詳しくなくても、資格取得まで到達する事ができるようなカリキュラムになっているので、機会を見て挑戦してみましょう。うまくいけば2,3ヶ月で取得出来てしまうので、モチベーションも上がるのでは無いでしょうか

ワインコンシェルジュW資格講座


  • TOP