歴史の古いワインという飲み物は非常に奥深く、知れば知るほど魅了されてしまいます。このような魅力的なワインを、さらに楽しめるような情報と、ワインの良質な知識を身に着けたい方におすすめの資格と、それを効率的に学べる講座について徹底解説!初心者脱却!ワインのスキルアップにピッタリな

ワイン資格おすすめまとめサイトイメージ
MENU

ワインの歴史と人類史

ワインの歴史と人類史

どんな飲み物にも歴史がありますが、ワインはことさら深く長い歴史を持つことで知られています。

世界中で愛飲されているお酒ですから、その歴史をひも解いてみるとさらにワインへの造詣を深める事ができます

ワインの歴史と人類史というテーマで少し説明します。

ワインの起源

一説ではワインの文化はメソポタミア文明に起源をもつと言われています。今から約6,000年前くらいの遺跡から、果汁を搾り取る用具が発見されていると言う事で、ワインはかなり昔から造られていたとみられています

学校で習ったことと思いますが、メソポタミア地方というのは有名なユーフラテス川やチグリス川の付近にあたります。意外かもしれませんが、起源はヨーロッパではなく現在の中東付近です。

エジプト文明でもワインについて触れている遺跡がありますし、メソポタミアの文献にも残っています。

ワインの拡がり

ではワインはどのように世界中に広まっていったのでしょうか。ワインの伝播に関わった民族としてはフェニキア人やローマ人があげられます。

フェニキア人は現在のパレスチナ地方の民俗でしたが、今から2,600年ほど前には、早くもフランスにワインを広めていたとされています。またローマ帝国を築いたローマ人は、領土の拡大と共にヨーロッパにワインづくりを広めていきました。

そして大航海時代になると、南北アメリカ大陸にもワインは広まっていきます。現在ワインはヨーロッパのみならず、チリやアメリカ、オーストラリア、日本など世界中で造られています。

ワインの歴史や特徴を学ぼう

ワインは歴史的な知識をはじめ、素材となるブドウの品種や、産地の特徴など幅広く見識を広めることで、楽しみ方がさらに広がります。

ワインを一度は極めてみたいと思う人はたくさんいると思いますが、最近はワインについて通信講座でカンタンに学べるようになっています。例えば諒設計アーキテクトラーニングの「ワインコンシェルジュW資格講座」では世界のワイン事情について多くの知識を学べるようになっています。

ワイン関連の資格も取得できるカリキュラムなので、造詣を深めるには最適でしょう。公式サイトに詳しい情報が載せられています。

まとめ

ワインの歴史は何千年にもさかのぼる事が出来るほど奥の深いものです。その分、味わいや素材の特徴といった要素について学ぶ事はとても楽しく、時間をかけるだけの価値はあります

通信講座などを活用しながら、さらにワインの世界に足を踏み入れてみましょう。

ワインコンシェルジュW資格講座


  • TOP