歴史の古いワインという飲み物は非常に奥深く、知れば知るほど魅了されてしまいます。このような魅力的なワインを、さらに楽しめるような情報と、ワインの良質な知識を身に着けたい方におすすめの資格と、それを効率的に学べる講座について徹底解説!初心者脱却!ワインのスキルアップにピッタリな

ワイン資格おすすめまとめサイトイメージ
MENU

資格取得に必要な基礎知識

資格取得に必要な基礎知識

ワインは世界に通用する飲み物です。

ヨーロッパやアフリカ、アジア、南北アメリカなど、実に広い地域で生産されているのがその証拠です。

そのため、ワインについて学ぶことで、世界の文化にたしなむことができることもあり、一層グローバルな人間に近づけるでしょう。

そこで、ワイン関連の資格と、取得に必要な知識について説明したいと思います。

目指したいワイン資格

まず取得に挑戦したいワイン資格として、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「ワインコンシェルジュ」という資格が挙げられます。

この資格は、ワインに対する基本的な情報をマスターした人に認定されるものです。資格取得によって、酒類製造や販売業、流通量、レストランやカフェなどの飲食サービス業など様々な分野で活躍する事が可能になります。

また、自宅やカルチャースクールでワインの講師活動をするという活かし方もあります。この資格を持っていると、ワイン原料のブドウの品種の違いや世界のワイン事情に通じていることが証明されます。

ワインをよく知っている人は格好良く見えますが、単におしゃれなだけでなく、料理にあったワインの楽しみ方をマスターしている事もあって、より食事の場を盛り上げられるでしょう。

ワイン資格に必要な基礎知識

ワインの資格を取得するには、ワイン関連の豊富な知識が必要ですが、その範囲は実に広いものがあります。ワインは世界中で作られていますが、栽培地によって特色があります。また当然品種によっても味わいが変わります

同じ国でも異なる産地がありますし、同じワインでも作り方が変わります。また、ワインには格付けというものが存在し、その質や出来栄えによって評価も変わってきます

また、ワインを料理と一緒にたしなむ場合、マリアージュについても意識しないといけません。ワインのプロを目指すのであれば、これらの幅広く奥深いノウハウを頭に詰め込む必要があります

資格に対応する講座

先述のワイン資格を取得する場合には、体系的に学習する必要がありるでしょう。独学でも試験に臨めるのですが、確実に取得したいのであれば、直接資格に対応する通信講座を活用しましょう。

例えば諒設計アーキテクトラーニングの「ワインコンシェルジュW資格講座」では約2カ月から6カ月という学習期間でワインコンシェルジュの資格を取得する下地を整えられます。最終的に試験を受けて合格するか、スペシャル講座の場合は卒業課題を提出すればOKです。

通信講座なので忙しい人でも時間を作りやすく、専門スタッフのサポートもつくので、初心者でも安心です。公式サイトで資料請求ができるので、興味があるのであれば、ぜひ申し込んでみましょう。

まとめ

ワインを深く知れば、ワインがもっと美味しく楽しくなります。そのうえで、資格取得を目指した学習をしてみるのは良い事です。

ワインコンシェルジュ資格はそのうちの一つですが、通信講座を使うことで、より確実に取得出来るため、ぜひ検討してみてください。

世界の飲み物たるワインをもっと深く知り、毎日の食卓をさらに彩ってみましょう。

ワインコンシェルジュW資格講座


  • TOP