歴史の古いワインという飲み物は非常に奥深く、知れば知るほど魅了されてしまいます。このような魅力的なワインを、さらに楽しめるような情報と、ワインの良質な知識を身に着けたい方におすすめの資格と、それを効率的に学べる講座について徹底解説!初心者脱却!ワインのスキルアップにピッタリな

ワイン資格おすすめまとめサイトイメージ
MENU

資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

ワインをもっと知りたい、ワインをマスターして飲食店を始めたい、などといった目標を持っている方はたくさんいらっしゃると思います。

ワインは世界の飲み物で、非常に奥深いものもあるため、そのワインについて学ぶ事は楽しいものです。

そこでワイン資格の勉強にオススメの学習方法や工夫をご紹介します。

オススメのワイン資格

プロのソムリエとして活躍するとまではいかなくても、働いている飲食店でワインサーブをする時などでスキルを活かしたい人や、普段自宅でワインを飲む時に、もっと美味しく飲めるようになりたい人も、資格を取得することには様々なメリットがあります。

資格があることで、ワインについて一定以上の知識を持っている事が証明されるため、関連職業では実務や就職時に役立つでしょう

例えば日本安全食料料理協会主催の「ワインコンシェルジュ」という資格を持っていると、ワインの歴史や産地や特徴、栽培について、格付けや分類、ワインサーブについて、ワイン法と作り方について、料理とのマリアージュについてなど、ワインに関する知識が幅広くあることが証明されます

有資格者は、そのノウハウを活かして、自宅でも知人宅でも飲食店でもワインをもっと楽しく飲む方法を他の人とシェアする事ができます。

資格の勉強方法

オススメした資格は、独学で試験に臨むことも可能です。しかし、しっかりと勉強するには体系的なテキストが必要です。そこで有効なのが通信講座です。

例えば、諒設計アーキテクトラーニングの「ワインコンシェルジュW資格講座」という通信講座は非常におすすめです。この講座では、ワインの資格に直接対応したカリキュラムを組んでおり、最短2カ月で資格取得が可能となる内容になっています。

専門スタッフがつくため、質疑応答を使い、講座での不明点をしっかり解決できる仕組みがあります。初心者から始められる講座内容となっているため、つまずかずに学習が進められるのもメリットです。

勉強時の工夫

この通信講座をさらに効率的に用いるには、テキストでの勉強に合わせて、実際にワインを試飲するのがポイントです。知識だけでもワインは楽しいですが、テイスティングのスキルがあがるとさらに面白くなります

最近は良質なワインが安価で手に入るようになっているので、それほどお金をかけなくてもワインを深く知る事が可能です。頭と舌と鼻とでワインを「いただくと」、さらにワイン知識が身に付くようになります

まとめ

資格勉強をするのに便利なのは通信講座です。上手に使うとワイン資格の取得もスムーズに行えます。

誰でも最初はワイン初心者ですが、紹介した講座は初心者対応なので無理なく学べる内容です。公式サイトをのぞいて詳細を確認してみてください。

ワインコンシェルジュW資格講座


  • TOP