歴史の古いワインという飲み物は非常に奥深く、知れば知るほど魅了されてしまいます。このような魅力的なワインを、さらに楽しめるような情報と、ワインの良質な知識を身に着けたい方におすすめの資格と、それを効率的に学べる講座について徹底解説!初心者脱却!ワインのスキルアップにピッタリな

ワイン資格おすすめまとめサイトイメージ
MENU

生ワインの特徴とそう呼ばれる理由

生ワインの特徴とそう呼ばれる理由

ワインは世界中で愛飲されていますが、中には生ワインと呼ばれる種類のワインもあります。

生ワインは他のワインとは違った特徴があり、ブドウ本来の味わいが楽しめるとして人気があります。

生ワインの特徴や、何故生ワインと呼ばれているのかについてご説明します。

生ワインの特徴

生ワインは他のワインとプロセスが少し違います。フィルターでろ過をしませんし、加熱して殺菌をすることもありません。また酸化防止剤も添加しません。さらに酵母を放置するという特徴もあります。

このように生ワインは、他のワインのような細かな過程を経ずに作られ、ブドウ本来の味が分かりやすいのが特徴です。にごりがあったり、ビタミンが多めに含まれていたりといった特徴もあります。

ただ酵母が残っているので、発酵が進みます。そのため、その日によって味の変化が大きく出るという特徴もあります。

日本でいただける生ワイン

日本でも生ワインを飲む事はできます。

いくつか代表的な品をご紹介すると、松村酒販の「新【限定流通・要冷蔵】生ワイン 赤」や井筒ワインの「井筒にごり生ワイン」、そして北海道ワイン株式会社の「おたる生ワイン」などがあります。

濃厚でコクのあるインパクトの強いワインなので、一度味わってみると面白いです。ちなみにお菓子で有名なシャトレーゼの店内でも、生ワインを売っているところがあります

リーズナブルな値段でリースリングや甲州やカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネなどの有名品種の生ワインが味わえるので、近くに対応店がある場合は試してみると良いでしょう。

奥深いワインの世界についてもっと知ろう

ワインは世界で愛飲されています。産地や歴史、使われるブドウの品種など、ワインに関連する知識は本当に奥が深いです。そのため、効率的に勉強しないと、なかなか体系的な知識が身につきません

しかし、最近は通信講座で体系的にワインについて気軽に学ぶ機会があります。例えばSARAの「ソムリエ基本/プラチナコース」という講座では、2カ月から6カ月ほどの期間で、たくさんのワイン知識を詰め込む事が可能です。

2つのワイン資格にも対応しているカリキュラムなので、楽しく目標を持って学習できます。公式サイトで詳細は確認してください。

まとめ

生ワインは、他のワインのようなプロセスを施さないタイプのワインで、フレッシュな味わいが楽しめるとして人気です。

生ワインにはいくつか商品があり、シャトレーゼなど身近な場所でも味わえるようになっています。機会を見つけてその味わいを楽しんでみましょう。

ソムリエ基本コース/プラチナコース


  • TOP