歴史の古いワインという飲み物は非常に奥深く、知れば知るほど魅了されてしまいます。このような魅力的なワインを、さらに楽しめるような情報と、ワインの良質な知識を身に着けたい方におすすめの資格と、それを効率的に学べる講座について徹底解説!初心者脱却!ワインのスキルアップにピッタリな

ワイン資格おすすめまとめサイトイメージ
MENU

資格の受験日程の目安

資格の受験日程の目安

「ワインに興味が出てきたので資格にチャレンジしてみたい」という人は少なくないと思います。

日本では、これまで何度もワインブームが起きていますが、ワインは奥深い飲み物なので、資格に挑戦する事は非常に価値があります

オススメのワイン資格や受験日程の目安について簡単に説明したいと思います。

オススメのワイン資格

ワイン資格にはいろいろな種類がありますが、比較的取得が容易なものを2つほどあげたいと思います。

まずは日本安全食料料理協会主催の「ワインコンシェルジュ」です。この資格はブドウ品種によって異なる特徴や、世界のワイン事情などワインの基本的な情報をマスターした人に認定されます。

もう一つの資格は日本インストラクター協会主催の「ソムリエインストラクター」です。こちらはワインの様々な品種や原産地、格付けやマリアージュなどについて知識が深いことを証明するものです。

どちらの資格も受験料は消費税込の1万円で受験条件は特にありません。そのため、初心者でも取得目標が立てやすいです。

資格試験の日程

上記の2つの資格は、およそ2カ月に1回の頻度で試験が行われています。例えば「ワインコンシェルジュ」資格は2018年2月、4月、6月といった具合です。

「ソムリエインストラクター」も同じく2月、4月、6月という風に試験予定が組まれています。試験カレンダーは公式サイトに載せられているので、チェックしてみましょう。

受験対策はどうすればいい?

これらの資格試験に対応する通信講座があるので、それを使って受験対策をするのがおすすめでしょう。対応講座の一例としてSARAスクールジャパンの「ソムリエ基本コース/プラチナコース」があります。

この講座は最短で2カ月、1日30分くらいの学習で、6カ月くらいの学習期間があります。そのため、自分の都合に合わせて、学習の計画を決め、試験に臨む日をカレンダーを見て決定しましょう

学習時間がたくさん取れるなら、2,3カ月後の試験日を設定すると良いでしょう。忙しい毎日を送っているなら6カ月後くらいを目安にします。試験頻度は多いので無理せずベストな日付を算出してください

まとめ

ワイン資格を2つほど紹介しました。ワイン知識があることを証明するワイン資格は、体系的な勉強をする事で、誰でも取得する事が出来るでしょう

対応する通信講座を受講し、スムーズな取得を目指してみましょう。ワインは知識があるのとないのとでは、その楽しみ方がぐっと変わります

ワインコンシェルジュW資格講座


  • TOP