歴史の古いワインという飲み物は非常に奥深く、知れば知るほど魅了されてしまいます。このような魅力的なワインを、さらに楽しめるような情報と、ワインの良質な知識を身に着けたい方におすすめの資格と、それを効率的に学べる講座について徹底解説!初心者脱却!ワインのスキルアップにピッタリな

ワイン資格おすすめまとめサイトイメージ
MENU

資格を生かして働くには?

資格を生かして働くには?

ワインの資格を取る事には、たくさんのメリットがあります。

まずは自宅や友人宅でワインについて語ったり、ワインをよりおいしく飲む事めるようになるでしょう。

しかし趣味として楽しむだけでなく、仕事に活かすという方法もあります。ワイン資格の活かし方についてご紹介します。

ワイン資格の活かし方1:レストランやカフェで働く

日本では何度もワインブームが起きていますが、ワインは健康に良いという話も広まっているので、最近では多くの人がより気軽にワインをたしなむようになっています。

そのため、レストランやカフェなどの飲食業界に勤めている場合、ワインサーブのスキルを高めることに意味があります。習得したワインの知識を活かして、お客さんにワインのオススメなどを聞かれた場合に、最適なワインをチョイスできるようになるでしょう。

またワインについて聞かれた場合に、的確に答える事が可能なうえ、保存方法や適切な温度を知ることによって、より美味しくワインを楽しんでもらえるようになります

ワインはおしゃれな雰囲気にぴったりな分、その知識は重宝されます

ワイン資格の活かし方2:ワイン講座を開く

趣味としてワインを楽しむ人は多くいますが、さらに知識を身につけたかったり、ワインを楽しむ仲間を見つけたいという人もいらっしゃるでしょう。

ワイン資格を取得して、自宅やカルチャースクールでワイン講座を開く事で、多くの人とワインの楽しさやノウハウをシェアする事が可能となるでしょう。

また人に教えることで、自分自身の知識もさらに拡がっていきます。SNSなどを上手に使って、ワイン講座の呼びかけなどをしても面白いです。

オススメワイン資格

ワイン資格の活かし方について少しだけ説明しましたが、いろいろあるワイン資格の中で、気軽に取得できるものを一つご紹介します。それは日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「ワインコンシェルジュ」という資格です。

この資格はワインの歴史や産地はもちろん、ブドウの栽培や品種、格付け、作り方、法律、料理との相性など、より専門的な知識を有している人に認定されるものです。

この資格を持っている事で、ワインに造詣が深い人とみなされるので、取得するメリットは大きいでしょう。受験料や試験日程など詳細情報は公式サイトから確認できます。

まとめ

ワイン資格を取得すると、講師活動をしたり、飲食業界で活躍したりと、いろいろな分野で知識を活かす事ができます。もちろん自宅や他の場所で仲間と、おいしく楽しくワインをたしなむのにも有効です。

ワインを学んでその知識を蓄え、その奥深い世界に触れてみましょう。

ワインコンシェルジュ


  • TOP